あきちのかんそう

感想を書くのだ

裸のランチを見た

裸のランチ [Blu-ray]

 

タイトル

裸のランチ

 

なんで見たか

なんかのサイトの記事におすすめと書いてあったので(なお、詳細は全く見てない)

 

どんな内容か

 害虫駆除を仕事にしている小説家志望の主人公ウィリアム(P・ウェラー)。彼は寸暇を惜しんでタイプライターに向かっているが、その分、本業がおろそかになっている。妻(J・デイヴィス)は麻薬に手をだし、廃人の一歩手前。そんな中、かつては中毒者だった彼自身、自分の売る怪しげな殺虫剤を試して、恐ろしい幻覚と溢れる想像力を交互に得るようになる……。

 

どうだったか

  • 正直私には合わない作品だった
  • 恐ろしい幻覚というところに惹かれて見てみたが、出てくる幻覚がやたらかわいい(主観)
  • 記憶力がないから、主人公の嫁と途中に出てくる別の男性の奥さんが同じ顔だと最後の最後で気付く
  • 奥さんも殺してしまうのだが、最後ももう一度殺してしまうし… 最後のが幻覚なだけで最初はほんとに殺してるのか?
  • 幻覚との区別がわからんよー!
  • 友人にチケットを渡す時に駆除剤を渡していたり、壊れたタイプライターと称して袋詰めの瓶を渡したり、主人公が「壊れてる」と分かる箇所はオオッと来る
  • 最後の警備員は…なんだったんだアレ??
  • タイプライターが欲しくなる

 

もう一度見たいか

見ないかな…